PROFILE

JKim

韓国・ソウル出身。ソウル芸術大学演劇科を卒業。劇団四季45周年記念オーディションに韓国人として初めて合格。抜群の歌唱力が認められ『キャッツ』のグリザベラ役に大抜擢された。『ライオンキング』ラ フィキ役、『ジーザス・クライスト=スーパースター』マリア役を日本全国公演などで1500回以上好演。 2000年にはNHK紅白歌合戦、2005年には愛知万博で歌唱を披露。2006年退団。金志賢からJKimに改め、多数のコンサートにも出演。2007年にはJKim主宰のアムノスゴスペルクワイアーを設立、2015年からはパソナグループゴスペル講師を務める。主な出演作に、ミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』、『蜘蛛 女のキス』、『DRAMATICA/ROMANTICA』シリーズ、『ピトレスク』、『カルメン』、『ビッグ・フィッシュ』、『SECRETSPLENDOUR』、『NineTails』等。韓国でも『シカゴ』、『next to normal』、『HOPE』で主演を務め、精力的に活動を続けている。

閉じる