PROFILE

森崎ウィンWin Morisaki

ミャンマーで生まれ育ち、小学校4年生の時に来日、その後中学2年生の時にスカウトされ、芸能活動を開始。

2008年にダンスボーカルユニット“PRIZMAX”に加入し、メインボーカルを担当。

俳優としても様々な役を演じ活躍する中で、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督の新作「レディ・プレイヤー1」で主要キャストに抜擢され、ハリウッドデビューを果たす。その後も数多くの映画やドラマに出演し、2020年に映画「蜜蜂と遠雷」で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。また、主演を務めた連続ドラマ『本気のしるし』の劇場版は第73回カンヌ国際映画祭「Official Selection2020」作品に選出された。

PRIZMAXは2020年3月27日をもって解散するも、同年アーティストとしても世界進出を掲げ“MORISAKI WIN”としてメジャーデビュー。

2018年よりミャンマー観光大使を務め、母国ミャンマーでもドラマの主演やCMに数多く出演し国民的スターとして活躍中。

閉じる